2008年12月21日日曜日

占い

女性に人気の占い、、、

正直、大っっ嫌いでした。

産まれた日に、縛られているような感じがしたし、
同じ誕生日の人は、同じ運命なわけない、と反発していました。

最近、ちょっと気になっていました。
占いって・・・どうなの?食わず嫌い???

友人に、占い師さんがいるのですが、彼女の話を聞いていると、

占いで分かるのは、その人の素質で、それを参考にした方が人生が楽
素質(材料)が分かっても、実際の人生(料理)は自分で選択できる
占いに頼ったり、信じたりするのではなく、迷った時の参考にするといい

・・・という感じを受けました。
(その方が話した内容というよりは、私が感じた内容です)

で、メールセッション(有料)に申し込みました。

ビックリ!!!
どっかで見てた???というくらい、そこには私が書いてありました。

・・・ちょっと抜粋しようと思いましたが、あれもこれも・・・となってしまい、
選べないので、やーめた(^^;



で。
実は、ちょっと方向性で迷っていて、いろいろ考えてこっちに行こうかな、、、と思っていた所でして、その結果を見て、後押しされたような、安心感がありました。
あー、やっぱり、こっちで良かったんだ、という安心感。

私はどうすればいいの?という占いは嫌いだけど、
ちょっと相談して確認する、という軽いスタンスでは活用するのもアリかなーと思いました。

占いって、ビジネスとは関係ないとか、恋愛相談というイメージがありましたが、
神田昌典さんも、春夏秋冬理論を活用していらっしゃるし、
要は、受取手である私たちが、その結果をどう解釈するか、なんでしょうね。

5 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

占いに自分が全て影響されてしまうのは、どうかと思うけど、1つの人生のコンテンツとして活用する、というスタンスなら、知っていてもいいとは思いますよ。
自分が幸せになったり、よくなっていくのなら、いいじゃなーい。^^

なんでもそうだけど、ほどほどにやればいいのさ。


龍虎姫

KyariKon さんのコメント...

占いじゃないですが、中国の”人物風水学”とアメリカの”MBTI"を、多少たしなみます。

かっては、”四柱推命学”に凝り固まり、当時の「新宿の母」といわれた超プロの女流占い師と、ある講演会で共演(いや、競演?)したことあり。

今は、昔の物語ーーですがねぇ。

KyariKon、知的雲水(今は、おとなしく?!)

やんず さんのコメント...

姫ぇ。
ほどほどって、大事ですね。
私は、熱しやすく冷めやすいので、何かをほどほどに継続していきたいと思います。

kyarikonさん
MBTIは、面白いですね~。
人物風水学とは、初めて聞きました。めもめも。
それにしても、交友範囲が広いんですねぇ~。ビックリです(^^)

KyariKon さんのコメント...

その「新宿の母」サンたる占い師、その後、北海道へ移住され、音信不通へ。。。

アァ、世の中、ワカラン?!

で、それを縁に?!四柱推命学は '卒業'し、経営コンサルへ’迷い込み’すっかり悦に入り、さらに、今や’コーチング’へ
進入?ーーという、お気軽な人生へ。。。

でも、愉快!愉快!物心両面の充実あり。

活きてて、良かった!(でも、あの有名ーー元芸能?--女優サン、どうして?!)

KyariKon、勝負まだまだ。。。
「...色不異空 空不異色...」(般若心経)

やんず さんのコメント...

kyarikonさん
人生どうなるか分からないからこそ、自分の選んだ方向に行きたいですねぇ(^^)
そっかー、kyarikonさんが充実してらっしゃるから、一緒にいても満足感が大きいのかも!(^^)v